全国の学習塾で働く「塾人」の皆さんへ。

このサイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。

このサイトの目的

このサイトは、学習塾で働く「塾人」の職場環境や労働条件を改善していくためのサイトです。このサイトは全国の学習塾で働く「塾人」のみなさんに対して、自分の勤務する学習塾の労働条件や職場環境をより良くしていくため、また個別の労使紛争を解決するための支援を目的とします。もう一つの目的は、全国各地の学習塾で働く「塾人」をネットワークで結ぶことで、学習塾の職場で起こる労働問題の共有化、「塾人」どうしの相互支援、相互交流をはかることです。

学習塾における労働問題とその背景

昨年、個別指導塾での学生アルバイトの長時間労働、残業代未払いの問題が報道され、学習塾業界における労働問題が大きく知られることになりました。しかし、これは学生アルバイトに限ったことではなく、正社員を含む学習塾業界で働くすべての人に関わる問題だと思います。ここ10数年、学習塾で働く人の労働条件や職場環境は年々低下しているように感じます。一方、学習塾で働く人たちは、職場の労働環境が悪くなっても、待遇に不満や疑問があるとしても、会社(経営者)に対して声をあげて改善を要求することはせず、大部分は泣き寝入りするか、黙って職場を去っていく場合が多いようです。 これはなぜでしょうか?

学習塾業界はカリスマ経営者が一代で大きくした企業が多く、職場の労働時間、賃金規定、公休日数などがある日突然、経営者の鶴の一声で改悪されてしまっても、誰も反論できないこともあります。また学習塾で働く「塾人」は、真面目で責任感の強い人が多いこともあり、会社(経営者)の決定に不満や疑問があっても受け入れてしまうなどの側面もありますが、本質的には次のような理由が考えられます。

① 学習塾で働く人をサポートする全国的な労働組織がないこと。

労働相談や適切なアドバイスを受けることが困難。また労働問題が共有されにくい。

② 働く者の権利や地位を守る労働組合のある学習塾が皆無であること。

一度、労働条件が改善しても、数年たてばもとに戻ってしまう場合も多く、組合活動による継続的な職場の労働環境の改善が進めにくい。

③ 労働諸法規や労働法制をよく知っている人が、経営者、労働者の双方に少ないこと。

学習塾で働く人は労働基準法・労働契約法・労働組合法の知識があまりなく、職場の労働問題や労使トラブルに直面しても、どう対処したらよいのかわからない場合が多い。

④ 労働組合活動により学習塾の労働環境が改善した事例が知られていないこと。

知られていないだけで、事例はあります。今後、このサイトで発信していきます。

このような背景を考えると、私たち「塾人」が職場の労働環境を自らイノベーション(変革)していくために必要なことは何でしょうか?

それは、① 全国の「塾人」どうしがつながり、職場の労働問題を共有し協力して解決していく横断ネットワークの構築。② 学習塾の各職場での労働組合の結成。 であると思います。

学習塾にも労働組合を!

私たちは、地域のユニオン(一般労働組合)に加入し、鈴鹿英数学院、ワオ・コーポレーションの各職場にユニオンの分会として労働組合を結成し、ユニオンの支援を受けて、会社と粘り強く交渉してきました。 その結果、労働時間管理の適正化、公休日の増加、有給休暇の取得、再雇用社員の雇用条件などについて、組合の結成前と比べかなり改善しました。

自分の職場の労働環境を良くしたいと思って、経営者に直接それを要求しても、大抵は無視されるか、「嫌なら辞めれば」と言われて終わりです。 経営者からの嫌がらせを受けるリスクもあります。労働基準法に違反する事例の場合、労働基準監督署に申告することも可能ですが、監督署の指導により労働環境が一時的に良くなったとしても、何年かたてばもとに戻ってしまうこともあります。職場に労働組合を作れば労働組合法の保護を受けられ、泣き寝入りや退職したりせずに、今の職場で働き続けながら労働環境の改善を継続して要求していくことができます。

そこで私たちの活動や主張を全国の学習塾で働く方々に知ってもらうためにこのサイトを開設しました。このサイトを通して、学習塾で働く「塾人」のための情報発信、労働相談や職場での労働組合の結成に向けた具体的アドバイスなどを提供していきたいと思っています。

学習塾労働者・全国ネットワーク

私たちのもう一つの目的が、全国各地の学習塾で働く「塾人」どうしをつなぐ労働ネットワークを作ることです。そのために『学習塾労働者・全国ネットワーク』があります。自分の勤務する塾の労働条件・職場環境・労働問題などについての意見や情報交換、労働相談を通して「塾人」の労働問題の共有化、相互交流や相互支援を進め、全国の「塾人」どうしをつなぐ労働ネットワークを作っていきたいと思っています。各地のユニオンと協力して、学習塾の職場での労働組合の結成や経営者との団体交渉の支援なども考えています。『学習塾労働者・全国ネットワーク』は、本年10月1日~2日に広島で開催された第28回コミニュティ・ユニオン全国交流集会において、その設立構想が発表され、多数の賛同を得ました。

職場の労働環境をより良くするために

自分が勤務する学習塾の労働条件や職場環境に不満や疑問がある方、何とか改善したいと思っている方、学習塾の職場にも労働組合が必要だと考えている方、ぜひこのサイトから私たちにアクセスして下さい。 私たちがサポートします。職場の労働環境は変えられないとあきらめてはいけません。 まずは行動しましょう。行動が現状を変えるきっかけになります。 いつか良くなることを待つのではなく、自分から変えようとする意志を持つことが重要です。 このサイトが、そうした「塾人」の思いや行動をしっかりとサポートできるよう、コンテンツも充実させていきたいと思います!

全国の学習塾で働く「塾人」の皆さんからの、ご意見、ご連絡、ご相談をお待ちしています。