改善・解決事例

  • HOME »
  • 改善・解決事例

30d858aacbd03d6117cbae4595916ce2_m

 

 

 

 

 

私たちは、組合活動の成果として、鈴鹿英数学院(eisu group)の職場での労働環境の改善について、以下の内容を実現しました。

【労働時間についての改善】

■ 社員の労働時間について、従来は会社の管理が不十分でしたが、2013年度から、会社が管理・把握するように改善させました。
■ 職員の休日出勤による負担を減らすため、従来公休日である日曜日に行われていた県統一テストを土曜日の午前中に行うよう改善させました。
■ 社員が休日出勤した場合は、代休や振休が確実に取れるように配慮することを会社に約束させました。
■ 2014年度より週休2日制を実現させ、小中部と間接部門に所属する社員の公休日を年間93日から105日以上に大幅に増やしました。
■ 2014年の週休2日制実現以降も、高校部に所属する社員は年間公休日数が不明確で、実際には85~95日程度と少なく、個人で公休日数がバラバラという状態になっていましたが、2016年度より年間公休日数を他部署とほぼ同じ104日で確定させました。
■ 三六協定の締結なしに時間外労働が行われていましたが、2013年度より、従業員代表選挙を実施し、労使協定を締結・届出するように改善させました。

【有給休暇についての改善】

■ 土曜日に1日の有給休暇を取得する場合、それまでは1.5日で申請するように会社から求められていましたが、2013年度より、法律通りの1.0日での申請に改善させました。
■ 前年度に使われずに残った有休休暇の次年度への繰り越しが認められていませんでしたが、2014年度より、法律通りに繰り越しを認めさせました。
■ 社員の自由な有給休暇取得を制限する内容の社内通達が出されましたが、団体交渉でこれを撤回させました。

【再雇用社員の待遇についての改善】

■ 60歳の定年を迎え再雇用される社員の雇用条件を改善し、65歳の誕生日を含む年度末までの継続雇用を実現させました。
■  定年後の再雇用契約社員の有給休暇付与日数を、2014年度より、年間5日から15~20日と大幅に増やしました。

【組合活動についての改善】

■ 経営者と協定書を締結し、労働基準法、労働契約法、労働組合法などの労働諸法規を遵守すること、社内の組合員への弾圧を行わないことなどを経営者に約束させました。

【個別解決事例】

■ 正社員の2名に対して、理由なく一方的な退職強要が行われましたが、団体交渉でこれを撤回させました。
■ 定年後の再雇用社員の方が、一方的に契約社員からアルバイトへの雇用条件の引下げを通告されましたが、団体交渉でこれを撤回させ、雇用条件を元に戻しました。
■ 定年後の再雇用社員の方が、一方的に雇用条件を引下げられましたが、団体交渉とストライキ通告でこれを撤回させ、雇用条件を元に戻しました。

PAGETOP
Copyright © eisu ユニオン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.